あなたの安全な場所で、あなたらしく過ごせますように

おこもりライフがより快適に。うっかりAmazonプライムに入っちゃってた件

Amazonプライム

家にいるのが好きなので、放っておくと外に出ていないことが多いおうちフリーランスの私です。

地方の田舎に住んでいるので、欲しいモノが近くのお店で取り扱いがないことも多く、日用品・お仕事ツールなどAmazonさんにちょくちょくお世話になっております。

が、なぜかいつの間にか「Amazonプライム無料体験」に申し込んでいたらしく
(Amazon利用される方なら、心当たりがあると思いますが、注文するときにメチャクチャ押しそうなポジションに「Amazonプライム無料体験」ボタンがあるので、ぼんやりしてて押してしまったのでしょう…)
それならそれで、30日間お試しで使ってみましょう! と鼻息荒く利用してみた感想です。

Amazonプライム会員の主な特典

特典は大きく2種類に分かれます。
【 Amazonの商品を快適、もしくはお得に購入できるサービス 】
【 対象の「動画・音楽・読書」が楽しめるサービス 】

▼ Amazonの商品を快適、もしくはお得に購入できるサービス

  1. お急ぎ便・日時指定便が無料
  2. プライム会員先行のタイムセール
  3. プライム限定価格商品
こちらはAmazonでよくお買い物をされる方であれば、おススメできそうなサービス。

(1)のお急ぎ便・日時指定便が無料は、Amazonから配送される商品限定なので注意。
Amazonは「2,000円以上で送料無料」のため、送料無料にするために2,000円以上になるまで商品を探す手間が省け、気軽に注文できるようになったのがうれしい^^
(2)(3)はそんなに使ってないかな…

▼ 対象の「動画・音楽・読書」が楽しめるサービス

  1. Prime Video(動画サービス)
  2. Prime Music(音楽サービス)
  3. Prime Reading(読書サービス)
こちらはスマホ・タブレット・PC・TVなど端末から利用できる配信サービス。
動画・音楽・読書まで幅広いのでお得感がすごい。

(1)動画配信サービスは以前から使ってみたかったので、NetflixやAbemaTVに入ろうかどうしようか悩んでおりました。
(2)音楽は全然気にしてなかったかも。
(3)てっきり専用端末のKindle買わないと使えないと思ってたんですが、アプリを入れれば普通にスマホ・タブレットから利用できました。

Amazonプライム

Amazonプライム会員の会費

MEMO
月額 500円(税込)
1年契約だと4,900円(税込)

ちなみに動画配信サービスのNetflixは【月額 800円〜】なので、ちょいちょいAmazonでお買い物する人なら、買い物の特典がある+気軽に動画が見られるプライム会員お得すぎる気がする…

見放題・聞き放題・読み放題ってホント?

  1. Prime Video(動画サービス)
  2. Prime Music(音楽サービス)
  3. Prime Reading(読書サービス)

これらのサービスですが『対象の「動画・音楽・読書」が楽しめる』というのがミソです。
まあ結局、メジャーなところは追加料金お願いねというシステム。

音楽の「Prime Music」はアーティスト・曲数ともにかなり絞られているので(200万曲)メジャーな曲はほとんど聴けないかな(;^_^A
(更に追加で月額780円払うと、6,500万曲以上聴ける「Unlimited」プランもあるので、音楽好きな人はそちらをヨロシクということなのでしょう。でもそれだけ出すなら、月980円のApple Musicの方がiPhoneの人は使いやすそう。こちらは6,000万曲)

読書は「Prime Reading」限定だと、さほど種類もなく…
こちらも追加で月額980円の「Kindle Unlimited」に申し込めば、沢山読めるようです。Oh…
(ちなみにKindleアプリをダウンロードすれば、スマホ・タブレット・PCからも利用できるそうです。本好きな人はよいのかも)
「Prime Reading」でも、雑誌のオレンジページ(紙媒体だと400円前後×月2回発行)が読めるので、私的には元取れちゃってるなーという気がしてます。

この中では動画の「Prime Video」が一番利用頻度が高いんですが、新作とかメジャーな作品は別途レンタル料金(200円位〜)が発生するので、ちょっと注意。
それでも無料で見られる作品数は多いし、作品の入れ替えも多いので、気軽に動画を楽しみたい私にはちょうどいい感じ。

私的「Prime Video」おすすめ5作品

映画だけじゃなく、TV放送されたドラマ・アニメも観れるので、遡ってあれ観たかった〜というものも観てみたり。
5作品面白かったものを並べてみましたが、邦画・日本のドラマばっかりになりました。
(洋画で面白いかどうかを観る前に調べてたら、それだけで結構疲れちゃって(;^_^A )
邦画・日本のドラマでは「気軽にあまり何も考えず楽しく観れるもの」が好きみたいです。

(1)モテキ(2011年)

漫画原作でちょっと気になってた映画。
とにかく長澤まさみちゃんがかわいい。とにかくかわいくて振り回される。振り回される森山未來君もかわいい。
んでもってポイントポイントで何故かJ-POPがいっぱい流れる。プロデューサーが川村元気さんとのことで納得。

(2)バクマン。(2015年)

こちらはジャンプ連載時に原作を読んでいたので、サイコーとシュージンの配役が逆っぽくない?って思ってたけど、観てみるとそれほど違和感もなく。
原作の亜豆(アズキ)ちゃんて、男性の理想の権化みたいであんまり好きじゃなかったのだけど、映画版はモデルっぽくて不思議ちゃんっぽい感じが、現実としてリアルな感じでよかった。
こちらもプロデューサーが川村元気さん、しかも監督もモテキの大根仁さんで一緒でした。
とにかくエンドロールが凝ってて! ジャンプ読んだことある人ならおおお!ってなる仕掛け。

(3)SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~(2010年)

ドラマ「ケイゾク」が好きだったので、このドラマも気になってたんですが、当時出産したてで全然観る余裕がなく…
時を超えて、全話+劇場版まで観ました。
ドラマシリーズが面白くて、ついついグイグイ引き込まれて。謎解き要素とギャグ要素のバランスが秀逸。
ただ劇場版は別次元に行ってしまうので、ドラマが好きな人は好きになれないかもしれない。
続編の「SICK’S恕乃抄」もプライムで観れるけど、こっちはちょっと引く位バランスが悪くて残念。

(4)海月姫(2014年)

漫画原作でTVドラマ化もされてましたねー
キャスト的には映画版の方が好きで、能年玲奈ちゃんの瞳の吸引力や、女装したときの菅田将暉君の美しさに見とれ…
長谷川博己さんも、ビジュアル的にはスーツ姿でシンゴジラのときとあまり変わらないんだけど、中身がアレでギャップが面白かったです笑

(5)夢をかなえるゾウ(2008年)

こちらは当時、本がベストセラーになり、ドラマ化されたもの。
確か割と遅い時間帯に放送された、各回30分の連続ドラマで気軽に観れました。
※リンク先は連続ドラマの前に放送された、スペシャルドラマ。こちらは小栗旬君が主役。

成功するための秘訣を、変なゾウの神様ガネーシャが現代日本の若者に向けて伝えてくれるのですが、実写化したらこうなるとは予想もつかず笑
当時は変なおじさんとして特に魅力も感じなかったガネーシャですが、今観ると、めっちゃかわいいやんセクシーやんと思ってしまうから、私も歳を取ったんでしょう。


その他、TVアニメだと「鬼滅の刃」「ハイキュー!!」「黒子のバスケ」のジャンプ系アニメも観ました。
(こっちはAbemaTVで一気に放送されていたので、そのとき観たけど見落とした回をチェック)
「ゆるキャン△」「きのう何食べた?」なんかも、リアルタイムで視聴済なので、作業しながらぼんやり観るにはちょうど良く。

「Prime Video」は複数端末で同時視聴OK

「子どもにTV占領されると、私は好きな動画楽しめないじゃん!」

てなことが家族だと起こりがちなのですが「Prime Video」だと、アカウントひとつでTV+スマホ(タブレット)+PCで別々に同時視聴もできるので、ケンカせずにゆったり視聴できます。(同じ部屋で観る場合、TV以外の人はイヤホン必須かもですが)

わが家では同時2台まで問題なく視聴できてますが、おそらく上限はあるのでその辺りはAmazonさんでチェックいただけたら。

結局「Amazonプライム」会員になりました

30日間無料体験をしてみて、制限はあれど「月500円で観たい動画が見放題」なので、大いに元が取れると判断。結局プライム会員になりました。

TVドラマをレンタルビデオ屋さんで借りたら、本数も多いし、貸出返却で何度も足を運ぶし。
TVだけでなく、スマホやタブレットでも観れるので、家のなかならどこでも観れるし。
そんなことを考えたら、コストだけでなく、時間も場所も自由度が高くなるなあと(*^-^)

もともとAmazonでのお買い物も割としていたので、そちらのメリットも高く。

今年は映画やドラマ、アニメを観る時間を増やしたいなあと思っていたので、ありがたく活用させてもらってます♪

気になる方は、30日間は無料で体験できます。おこもりタイムのお供として、よかったらどうぞ〜

Amazonプライム
https://www.amazon.co.jp/amazonprime