9月に絵本の個展を開催予定です

手作りの本を作るのは、奥が深くて面白い。冬号の製本準備中です。

豆本のような冬号

学校が始まってすぐの三連休で、娘はちょっと冬休み気分に戻った様子ですが

私は「春夏秋冬」冬号の制作&発送準備で、てんてこしていました。

冬号の特集は「手帳と私」

春夏秋冬・冬号 冬号の受付を始めました:季節のおたより+プチギフト【春夏秋冬 shun ka shu tou】

※冬号の受付は、12月末で終了しています。

冬休み中に進めておこうと思っていたのに、思いのほかまったり過ごしてしまって、今さらドタバタ。
仕事始めのスタートダッシュと、こちらの制作作業で先週は何だかクタクタに(;^_^A

冬号冊子制作中

今回の冊子はすべて手作業。
プリンタで出力して、切って貼って折り畳んで。

内容を考えているときは、かなり難航してて、テンションが相当下がっていたのですが
実際にプリントアウトして、紙とインクの組み合わせを確認していると

「ありゃ、こりゃかわいい本になるぞ」

と、ちょっとずつ気持ちが盛り上がってきました。
(表紙のクラフト紙に、水色で印刷したら、ものすごくかわいかった!)

豆本のような冬号

豆本のような、かわいい冊子になりそうです(*^-^)

半分眠りながら製本したせいなのか、頭が全然回らなくて、微妙にズレちゃったりと悲しいところもあるんですが。
不完全な感じも手作りの味わいと受け取っていただけたら、ありがたく思いますm(._.*)m

製本作業含めて、本作りって好きかもしれない。

そもそも本の佇まいが好きだし。
紙とインクの感触や匂い。手でめくるときの感触や、耳に残る音。
紙を折るのも切るのも、糊付けも好きだし、楽しいことさせてもらってるなって思います。
(印刷屋さんに頼むのも好きだけど。そしてこんな手間のかかることをしていただいているのだとあらためて感謝!)
糊付け、久々にボンドを水で伸ばしてハケで塗ったのですが、塗り心地がよくて♪

プチギフトは、読んでくださった方に「一年間お疲れさまでした」の気持ちが伝わればというものを選びました。

そんなこんなで、今回作業が遅れ気味なのですが、今週末までに発送できたらと思っています。
スイマセン〜〜〜!!!
お正月だらだらしすぎました…泣
いや、お正月は休むものだからいいんだ。そもそもそれを加味したスケジューリングをしていないのが問題なのだ。

泣!!!

最後の号ですし、精一杯のものをお届けしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!