オンラインショップにて絵本の通販がはじまりました♪

心と体の波を、サーフィンするように。

波

年4回<おたより+プチギフト>が届くサービス「春夏秋冬」
春号の発送が無事終わって、ホッとしたのが4月半ば。

そこからあんまり記憶がないのですが
気持ちと体がやたら重くて、朝から体が動かない…
なんてこともしばしばありました。

4月の花

そういうとき、最近どうしているかというと
自分が感じていることを否定せずに、言うことを聞きます。

朝からダルくて体が動かない…
気持ちも全く上がらない…

なんてときは

「そっか、体も心も動きたくないんだなあ」
「じゃあ、ちょっと休もっか」

みたいな感じで、時間が許す限り、昼間っから寝ちゃったりして。
(こういうとき家で仕事してるから、自分で時間の采配が出来ることがありがたい…)

休んだ後は、割とスッキリしてるので
集中して仕事をしました。

私は、眠かったりダルいまま仕事すると、異様に効率が悪い。
回復してから動いた方が楽です。

今となっては、こんな私ですが
去年体調を崩すまでは、お昼寝どころか
休日も仕事し続けるようなワークスタイルでした。

休むどころか気分転換するような気持ちの余裕もなくて。

実際、家事や育児も並行してると、ひと息つく暇もなく。
家で仕事してるから余計オンオフが区切れなくなって
常にプレッシャーでピリピリしてました。

波

でも、そんなとき
立ち止まることを選択することもできたんだなあって
今振り返ると思います。

人間誰しも「波」があって。

一日のなかでも
一週間のなかでも
一カ月、季節、一年間、数年数十年のスパンでも

そのとき、動きたくない/動いても上手くいかないとき
どんな選択をするか。

追い風のとき、向かい風のとき。

環境だけでなく「自分という船」の状態をちゃんと把握して、行動すること。
(動かない選択をするのも、行動のひとつ)

以前の私は、ボロボロのまま
穴の空いた状態で進む船のようでした。

伊豆の夕日

今は自分の点検を、自分でして
都度メンテナンスできたらと考えているので
まあ自分に甘いといえばそうなのかもしれないけど
自分の体調やメンタルの変化を、できる限りでしっかり観察。

特に先週は、海王星に来たんかっちゅー位
自分の体が重くて重くて(;^_^A
(あ、ドラゴンボールの話です。海王星は重力10倍!)

鼓膜も空気に圧迫されているような、気持ち悪い時期が続きました。
最近は晴れが多いせいか、朝から体も気持ちも軽めの日が多く。

もしかしたら、意外と気圧に影響受けてるのかもと思い、
ツイッターで気圧の変化について発信している方をフォローして
最近は、自分の波と照らし合わせています。
(そして割と当たっておりますよ… あなどれない気圧!)

人間の心身も、自然と同じで「波」があるのなら
サーファーのように、波を読み、乗りこなしてみたいと感じる今日この頃です。