オンラインショップにて絵本の通販がはじまりました♪

ふるさとのこと、子どもだったときのこと。

以前、県内の女性起業家としてインタビューを受けたときに
「ご両親が起業されていたりしませんでしたか?」
という質問を受けたときがありました。

母親は自営業で、今も現役で働いています。

そんな母親の姿を小学生位から見ているので「自営は大変だ」と思いつつも
「私にできるかどうか」という視点から見ると、
母が自営で働いている姿を見つつ育った私の、精神的ハードルは低かったのかもと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

母は私が3歳位のときにシングルになりました。
そして祖父母と暮らすようになり、私が年中の年に、長く暮らすことになる家に引っ越しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

母はシングルになってから、手に職を付けるため、毎晩遅くまで働きました。
私が眠る前に帰ってくる日はまれで、朝食のひとときがやっと顔を合わせるとき。
私にとっては、祖父母が父親と母親のような存在でした。

私の境遇を聞くと「かわいそう」とか「よくグレなかったね」と言う人もいました。

でも私は全然かわいそうでもなかったし
母とはなかなか会えなかったけど、母が私を想ってくれていたのは知っていたので
寂しいと思ったことはあまりありません。祖父母がいてくれたおかげかもしれません。

祖父が自転車の乗り方を教えてくれて、乗れるようになった後は一緒に自転車でどこまでも行ったこと。
祖母は料理が上手くて、グラタンやオムライスなどの洋食から、揚げ出し豆腐や煮魚など和食も得意でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今になって思い返すと、私にとっては家族以外にも
ふるさとの自然や、地域のやさしい人達が、私の側にいてくれたから
何も足りないとは思ってなかったのだと思います。

「赤毛のアン」が好きで、本が好きで空想ばかりしていて
絵を描いたりお話を考えることが好きで
友達とごっこ遊びをしたり、本を作ったり、マンガの話をしたり

手作りが好きで、お菓子を作ったり、編み物をしたり
動物も好きで、犬や猫を飼っていたり

ふと寝転べば、空の雲がゆっくりと動いていること。地球って回ってるんだって思ったり
野の草花を摘んで、川とも言えない水の流れに浮かべたり
どこまでも続く蟻の行列をずっと追いかけたり
蝶を捕まえて宝箱に入れたら、粉々になってしまってショックを受けたり

私は見たこともない「外の世界」に想いを馳せつつも
とんでもなく満たされていました。

そうそう、私はとんでもなく幸せな子どもでした

私は今、そのときの自分みたいになりたいな、なんて望んでいます。

私ひとりが娘に何を残せるか、伝えられることはあるかっていうと、多分そんなになくて
娘にそんな環境を提供することしかないのかなって、最近思ったりします。

豊かな自然と、信頼できる周りの人達。

それがあったら充分かなって。
私は大それた大人にはならなかったけど、子ども時代に幸せな時間を過ごせたことに感謝して
これから娘にバトンを引き継げたらいいなと、思います。