9月に絵本の個展を開催予定です

自分のことを一番わかってないのは自分?

ふと、一年を振り返るような時期に入りました。
12月。あっという間に12月。しかももう10日以上経っているという恐ろしさ…
師走から年を明けて3月あたりまでの時間のスピードって、何であんなに早く感じるんでしょうか。

2016年。
渦のなかや、外から眺めていたりしただけで、私自身は特に何もしてなかったような気もする一年間。
(もちろんメチャクチャ働きましたが、誰かのために動き続けて、自分からは動いていない印象)
随分パワフルな台風のような一年と一緒に過ごした印象です。

人のためにがんばった分、自分を見失うことがいっぱいありました。
もちろんそれを選んだのは自分で、そのことに後悔はありません。
でも、これからの人生を進んでいくために、来年は「自分」と丁寧に向き合って、また歩き始めたいな。

私は自分のことを客観的に見ることができているのかな?

と、ふと思い、FBで私のことを聞いてみました。
(その節はご協力くださった方ありがとうございました^^)
ちょっと抜粋してみますね。

言葉の意味の奥を読み取ろうとする

誰にでもすっと受け入れられやすい人だと思う〜。受け入れてくれる人感も出てるし。

目の前の相手に深い興味を持って接していらっしゃる。
これはたぶんわかばさんと話したことのある人は
うんうん、そうそう!とわかると思います。
混乱した時はわかばさんに話しにみんな行ったら良いと思う。

相手の立場や感じている事を的確に感じて、言語化してくれる力が強い

人のイメージを視覚化するのが上手い

率直な人

色で例えると若葉色。優しい黄緑って感じです。
調和と共感を大切にしつつも想像力と自己主張もあるって感じ

ふふふ、何だか並べてみると壮観で、ありがたいやら気恥ずかしいやら。

やっぱり職業柄という部分も強いのですが、私はどうも人間に興味があるらしく
それも表面的なことはあんまり興味がなくて、深い部分だったり根源的なところ「そもそも」とか「なんで」という所に気持ちがいきがちなようです。

「そもそも」「なんで」がわかると、からまった糸がほぐれるように、その人への理解が深くなる。
あと、やっぱり尊敬の念が自然とうまれます。
どんな環境で生まれ育った方も、どんな状況にいる方も、どんな行動をする方も。
どの人もそれぞれの人生で、それぞれのやり方で、それぞれのベストを尽くしている。

そう思うと、しっかりお話が聞けた方のことは、芯から応援したくなってるなあ…
特に本音でまっすぐな人が好き♡何か隠している人は何となくわかるので、ちょっと苦手です(笑)

自分のこと、自分が一番わかってますか?
「世界で一番遠いのは自分の背中」だって、何かの本で読んだなあ。
私は自分のことを一番わかってないのは自分だと思う。

私も自分のこと、もっと理解したいし、誰かがそう思ったときにそのお手伝いができるようになりたいなと、うっすら思っています。

うん。でもまず「自分」

根っこの部分に栄養を届けるように、来年は過ごしたいと思います。

20161211_01

今年始めに撮っていただいた写真。宝物です☆