オンラインショップにて絵本の通販がはじまりました♪

Happy Birthday

つい先日ですが、娘が6才になりました。

3才位までは本当に1年1年が長かった印象なのですが
(特に1才までは気が遠くなるほど!)
それ以降はグングンと時間の感覚がスピードアップしている気がします。

このままあっという間に小学生になるのだろうか…
と思うと、慌ただしく過ごしている生活のなかで
娘のちょっとした表情や仕草、感じていることや話してくれることを
見逃してしまっているのではないかと、ちょっと反省してしまいます(;^_^A

娘を妊娠中、私は派遣社員でした。

つわりなど体調不良で辛かったけど、
何とか産休ギリギリまで働かせていただきました。

娘を出産して、1才で会社に戻るつもりでした。

娘が産まれた年の秋に、次年度春からの保育園入園の希望を出しました。
でも、その当時は本当に迷っていました。
娘がかわいくて、かわいくて。
1日1日が、濃密で。日々が初めての連続で。

保育園に行き始めたら、連絡帳に「今日初めて歩きました」って書かれるのかな。
私、娘の初めてに、立ち会えなくなっちゃうんだ…
そう思うと胸が張り裂けそうでした。

子どものことを、元々そんなに好きな方ではなかったので
そんなに自分の子どもがかわいく思えるなんて
こんなに離れがたくなる自分の姿の想像がつきませんでした。

保育園は当時、結局落ちました。
そして私は正直ホッとしてしまいました。

これで、好きなように生きられる。
これで私は、娘といる時間も、働く時間も、自分で選べるんだ。

そして私は娘が3才になる年の春に起業して、娘は保育園に入りました。
自分が納得できるまで、娘の側にいることができました。
自分が納得できるタイミングで、働き始めることができました。

そんなありがたい状況に恵まれつつ、娘の卒園の年まで来れたこと。
娘を預かってくださる保育園の方々や
私にお仕事を与えてくださる方々
夫をはじめとした家族、見守ってくださる周囲の方々
何より、今の生きかたに導いてくれた娘に、感謝しています(*^-^)

私が娘を産んだことになるのですが、
今の私を産んでくれたのは、娘です。
一番感謝してもしきれないのは、実は娘に対してです。
本当に本当にありがとう♡

20160708_02